正直なところ、これほど大きく真面目な時計がSBGN005のようにキラキラと輝くのはまったく見慣れないことだ。

道具としての時計がこれほどまでに生き生きとした輝きを放っているのは不思議としか言いようがない。この時計を見るたびに、人気ゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズのクラウドが持っている巨大なバスターソードが思い浮かんだ。SBGN005のように単に巨大なだけでなく、ラグは彼の剣のベベルエッジとタントデザインを彷彿とさせるのです。私見だが、この時計の最大の魅力はケースにあると思う。ケースは7ピース(リューズ、クリスタル、パッキンを除く)で構成され、ラグには前述の44GSと62GSのライン、そしてケースリアには6159(およびそこから生まれたすべてのデザイン)の華麗なカーブを含むおなじみのラインがあちこちに施されている。このようなダイバーはほかにはない。

グランドセイコーのダイバーズウォッチにはもうひとつユニークな要素がある。それはカテドラル針を採用していることだ。鎌田は「エレガントな演出のためだけでなく、その裏には実用的な目的があります」と説明する。鎌田よ氏は次のように語る。

「グランドセイコーのダイバーズウォッチには、すべて共通のデザインレイアウトが採用されています。このレイアウトを開発するにあたり、独立行政法人 海洋研究開発機構(JAMSTEC)にプロのダイバーの実体験を語ってもらいました。印象的だったのは深海で作業すると認知能力が低下すること、深海では複雑な図形が読めないことでした。彼らができるのは丸、三角、四角の違いを読み取ることくらい。そこでインデックスにはこの3つの形を使い、まずはダイヤルの向きを読みやすいようにレイアウトを考えました。同時にダイバーズウォッチを海で使用する際に最も重要なポイントは分針の先端と回転ベゼルの目盛りの見やすさです。そこで分針の先端にルミブライトを塗布した大きなトライアングルを配置しました。ルミブライトは表面積が大きいときに最も明るく光ります。海中に潜るとき、自然と最も明るく輝く場所を見るので、これは重要なことなのです」

ダイヤルに見られる格子状の幾何学模様は、デザイナーの久保氏がダイビング中にふと見上げた時、レギュレーターから出た気泡が光に向かって上がっていく様子を観察したことに由来している。そのイメージからダイヤルの模様が生まれたのだ。

重厚なケース内にはハイビートの Cal.9S85が搭載され、毎秒10ビートを刻み、秒針をなめらかに走らせる。ヘアライン装飾と鏡面仕上げのラグに見とれていると本当に楽しくなってくる。コストの多くはムーブメントに費やされるが、私は通常ダイバーズウォッチのキャリバーに対して“仕事をやり切る”アプローチを持っています。しかし、SBGN005は例外だ。目的に特化した時計に搭載されるムーブメントは工業製品として最も完成度の高いもののひとつであり、何か特別なものを感じる。日差+5〜−3秒の公称値をクリアしていることがわかるからだ。この時計はスペックから想像されるよりも小さく、チタンケースが腕に軽快にフィットしてくれる。

とにかく、この時計はダイビングに特化した飽和潜水に焦点を当てたモデルの限界に挑戦したグランドセイコー流のエクササイズであり、サブやSKX007のように装着するためのものではない。この時計が商業的に成功することを意図していたとは思えないし、だからこそ私はこの時計に引かれる。サイズも素材もSBGN005が果たすべき役割に合致しているからだ。

この時計を考えるとき「私には大きすぎる」「高すぎる」という理由だけで判断してはいけないと思う。ボーイング747は大きすぎて車道に停めることはできないし、私の予算からは程遠いのだが、それでも私は空の女王のすべてを評価しています。しかし、私は空の女王に感謝している。そして747に乗ることができる人は実に特権的だ。

【関連記事】:http://b34.chip.jp/fashionshop

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s