今週はすべてのいいロイヤル オークを提供できるわけではない。

オーデマ ピゲ ロイヤルオーク Ref.5402BC、18Kホワイトゴールド、トロピカルダイヤル)

フィリップスはロイヤル オーク50周年記念セールで多くの分野をカバーしているが、今週はすべてのいいロイヤル オークを提供できるわけではない。今回紹介するのは1977年製の5402BCだ。150本中あるのは29本だけだが、トロピカルなダイヤルとダイヤモンドインデックスを持つ唯一無二の1本だ。フィリップスは非常に良い5402BCを持ち、テーマ別オークションでチェックする価値があるが、今週注目すべきは、クリスティーズのLot 149だと思う。そしてその見積もりは、まさにそれを反映している。クリスティーズは20万~40万スイスフラン(約2640万~5280万円)と予想している。

ローマン・ロイヤル オーク(オーデマ ピゲ ロイヤル オーク パーペチュアルカレンダー Ref.25654SA、ツートーンカラー)

こちらもローマ数字とラッカーホワイトダイヤルを持つ、異色のロイヤル オークだ。先に紹介したサザビーズのRef.14790PTとは異なり、クリスティーズのLot 155はムーンフェイズ付きの複雑な永久カレンダーで、ダイヤル全体に8つの細長いローマ数字が見える。タペストリー模様は見当らない。

もちろん、これまで述べてきたようにロイヤル オーク パーペチュアルカレンダーはまさに80年代生まれのモデルであり、オーデマ ピゲがこの年代の時計で好まれていたツートンカラーのモデルを提供したことは理にかなっていると言える。25654はRO QPのオリジナルロットの一部で、1993年まで生産された。1984年の発売以来(25654の直接の前身である5645は1982年に“ソフトローンチ”された)、そのあいだにさまざまなメタルで合計800本が生産され、そのうち72本が25654にとって最も希少なメタルであるツートーンだった。その72本のうち、スムースラッカーダイヤルとローマ数字の組み合わせはさらに少ない。Lot 155の見積もり価格は8万~12万スイスフラン(約1056万~1584万円)だ。

(オーデマ ピゲ ロイヤル オーク オフショア Ref.25844BC、18Kホワイトゴールド、ケース、ベゼル、ブレスレットにダイヤモンドをセット)

ロイヤル オーク オフショア! ついに。フィリップスは本来の形式にこだわるため、どんなに希少で魅力的なモデルであってもロイヤル オーク オフショアをテーマ別セールに含めないという意図的な決定をした(ジュネーブ・ウォッチ・オークションのカタログには、いくつかのすばらしいものが含まれていた。XVカタログだ)。しかし、クリスティーズはLot 138にオフショアを出品し、成功したのだ。

クリスティーズは、「非常に印象的」、「おそらく唯一の」という、私が親に言わせたい4つの言葉を掲げている。このまばゆいばかりのホワイトゴールドのオフショアは、2000年頃に作られ、ケース、ベゼル、ブレスレットに合計584個のダイヤモンドが工場でセットされ、合計12.62カラットの大きさになった。クリスティーズのロットノートによると、この時計のユニークな点は、ホワイトゴールドであることに由来する。また、オリジナルオーナーの要望により、ケースバックには「13」の数字が刻まれている。Lot 138は市場に出たばかりで、予想価格は10万から20万スイスフラン(約1320万〜2640万円)とされている。

クリスティーズの「Rare Watches:Featuring The Kairos Collection, Part I」オークションは、2022年5月9日、ジュネーブのフォーシーズンズホテル・デ・ベルグで開催されます。カタログの詳細と入札のお申し込みは、こちらからどうぞ。

【関連記事】:bibicopyスーパーコピー サイト ランキング

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com 徽标

您正在使用您的 WordPress.com 账号评论。 注销 /  更改 )

Twitter picture

您正在使用您的 Twitter 账号评论。 注销 /  更改 )

Facebook photo

您正在使用您的 Facebook 账号评论。 注销 /  更改 )

Connecting to %s